スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生において一番もったいないことは?

今日は、新宿で「医療被害者をなくすネットワークグループ」の書籍刊行の打合せでした。
一緒に活動している歯科医師の先生達と伊東先生、スタッフでなんと11:30~22:30まで。
さすがに、もう頭が回らない状態です。

今日一番印象に残った★伊東先生の言葉。
それは「一番もったいないのは時間を無駄にすごすことです。多くの人はそれに気付いていない。自分の中に確実に時間を刻むことが大事なんです。そうすれば空間ができるんです。」

これまでも「時間をロスしない方がいい」「もったいない、何でそんなに時間を無駄にするの?」
と散々言われたけれど、ピンと来なかった。
時間は有限なのに、その自覚ができない。
「いつまでもあると思うな親と金」というけれど「いつまでもあると思うな自分の時間」です。

必ず終わりが来る自分の人生の時間。
最後の時に「本当に良い人生だった。良かった」といって終わるには、今何をしなければいけないのかを考えると、大事なことが見えてくると思う。
それはお金でもないし、損得でもない。
自分のやるべきことをみつけることだと思う。

ようやく、自分のやるべきことが見えてきた。
それは役割とか使命といわれるものなのかもしれない。
ひとりひとりやるべきことをもって生まれてきているはずだから、それが見つかればきっと納得できる人生が生きられると思う。
自分探しをしている人はたくさんいるけれど、それは自分のやるべきことを探しているのではないかな。

つながる会を作ったのは、自分のやるべきことを見つけたい。自分らしく生きたい。人生を諦めずに大事に生きていきたい。納得できる人生を楽しく生きていきたい。
という仲間とつながりたいから。

そんな思いを持っている方、ぜひ一緒に語り合いましょう!!

★つながる会のお知らせ



スポンサーサイト

51歳の目標

このブログを書き始めた頃は、50歳になるあせりがあったと思う。
それは、40代でやるべきことをやっていないというあせりだと思う。
そして、それは30代でやるべきことをやっていない…20代で、10代で…。

そうやって付けが回ってくるんだな。
でも、その年代、年代でやるべきことなんて普通は分からない。
『○○代でやるべきこと』なんていう本がたくさん出ているけれど、それはこの時代、この社会においてという但し書きがつくのではないだろうか。

今の社会が、本当に国民の幸せを考えて作られているわけでもないし、企業や医療が国民の幸せや健康を考えているわけではないし、教育が本当に幸せに生きていくために必要なことを教えてくれるわけではないということは新聞やテレビを見ただけで一目瞭然だ。

自分本位で弱者は切り捨てられる社会。
結局被害者になるのは弱者側にいる人達だ。
つまり、それは自分も含めて多くの一般の人。

こんな社会で、50代をどう生きればいいのだろう?
40代までは、先が見えなかった。
けれど、50代になった今は、人生には終わりがあるのだということが見えてきた。
人生の終わりの時に、自分が納得できる生き方をして終わりたいと思う。
本当にいい人生だった、満足だと言って死にたいと思う。
それが人生の目標ではないのだろうか?

そして、こんな社会にあっても幸せに納得して生きていける生き方を見つけ出すことが、50代でやることではないかと思う。
一つだけ分かっていることは、一人ではできないだろうということ。
同じように考える人達と出会う中で答えが見つかると思う。

50代は、たくさんの人と出会い、それぞれの幸せ、納得探しの場を作っていきたい。


人の役に立つということ

「人の役に立ちたい」という人は多いけれど、人の役に立つってどういうことだろう?
どういう人間になれば人の役に立てるのだろう?とふと考えた。

自分のために努力できる人は、人の役に立てるのではないだろうか?

何のために生きていくのだろう

50才の誕生日を迎えた時、それまでの生き方を振り返って、ともかく精一杯前向きに生きるということをする事が人生なんだと思った。
それなのに、まだまだ逃げたり甘えたりする自分がいる。
そんな自分のことを、自分が責めている。

何のためにこれからも生きていかなければならないのだろうか?
どうしてもがんばって生きていこうという気力が出ない。
生きていかなければいけない理由をもてない。
毎日の生活をただこなしているだけ、ただ時間を無為に過ごしているだけ。
死なないから、ただ生きているだけ。
今の自分をそう感じる。
「生きている!」という実感もきらめきも充実感もない。
他の人からは、普通に仕事をし、生活しているように見えるかもしれない。
生きがいを持っているように思われるかもしれない。

でも、自分の体も心もどんどん「生きていく」ことを終わらせようとしているように感じる。
体がこわばる。
やろうとしても動けない。
頭がフリーズして考えられない。
気持ちが現実の世界になく、どこかにいってしまっているように感じる。
気持ちがないから、一生懸命やろうとしても仕事がただの作業になっている。注意力もなくなりミスが起こる。人の話も聞いているつもりで聞いていない。理解できていない。物忘れもする。なにもかもが面倒くさくなってくる。
「まずい!気をつけなければ!」と、いろいろ努力していたけれど、努力する気持ちもだんだん薄れてきた。
このままでは、何も考えられず何も感じられず、肉体だけが働いている廃人か認知症のようになってしまうだろうと、自分でも感じる。
それではいけないと自分を叱咤激励するけれど、心のどこかで「もうだめかな」と諦めの気持ちが芽生えている。

たった一度の人生なのだから価値ある人生、納得できる人生を送りたいと思っていたはずなのに、どうしてこんな風になってしまったのだろうか?
価値ある人生を送れるチャンスに出会えないという人は多いと思う。
でも私にはチャンスがあった。
今もそのチャンスのある場にいる。
それなのにどうしてそのチャンスを活かせないのだろうか?

何のために生きているの

何のためにこれからも生きていかなければならないのだろうか?
どうしてもがんばって生きていこうという気力が出ない。
生きていかなければいけない理由をもてない。
毎日の生活をただこなしているだけ、ただ時間を無為に過ごしているだけ。
死なないから、ただ生きているだけ。
今の自分をそう感じる。
「生きている!」という実感もきらめきも充実感もない。
他の人からは、普通に仕事をし、生活しているように見えるかもしれない。
生きがいを持っているように思われるかもしれない。

でも、自分の体も心もどんどん「生きていく」ことを終わらせようとしているように感じる。
体がこわばる。
やろうとしても動けない。
頭がフリーズして考えられない。
気持ちが現実の世界になく、どこかにいってしまっているように感じる。
気持ちがないから、一生懸命やろうとしても仕事がただの作業になっている。注意力もなくなりミスが起こる。
人の話も聞いているつもりで聞いていない。理解できていない。物忘れもする。なにもかもが面倒くさくなってくる。
「まずい!気をつけなければ!」と、いろいろ努力していたけれど、努力する気持ちもだんだん薄れてきた。
このままでは、何も考えられず何も感じられず、肉体だけが働いている廃人か認知症のようになってしまうだろうと、自分でも感じる。
それではいけないと自分を叱咤激励するけれど、心のどこかで「もうだめかな」と諦めの気持ちが芽生えている。

たった一度の人生なのだから価値ある人生、納得できる人生を送りたいと思っていたはずなのに、どうしてこんな風になってしまったのだろうか?
価値ある人生を送れるチャンスに出会えないという人は多いと思う。
でも私にはチャンスがあった。
今もそのチャンスのある場にいる。
それなのにどうしてそのチャンスを活かせないのだろうか?


プロフィール

くりか8

Author:くりか8
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。