スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚は自分のスタート

昨日、離婚するので証人欄に署名捺印をして欲しいと友人夫婦に頼まれた。
15年前に自分もこの届けを書いたなあと思い出した。

友人夫婦の離婚の理由と私の離婚の理由は同じだった。
浮気をしたとかDVとか、経済の問題とか、性格の不一致とか、そういうものではなかった。

「この結婚は最初から間違っていた」と、気がついたから。

結婚をする前に、お互いに自分がどう生きたいのかというものを持っていなかった。
自分がどう生きたいのかも分からないのに、
相手とどう関わりたいのか?
相手にどう関わってほしいのか?
お互いに何を目的に一緒にいればいいのか?
一緒にいる意味は何かを持っていなかった。

なのに結婚したのは、いわば損得、駆け引き…。
お互いに都合が良かったから。
でも、そんなことさえも結婚した時は考えていなかった。
何も考えずに、親が社会が引いたレールに乗って学校に行き、就職し、結婚した。
そして長男が生まれて…気が付いた。
子供をどう育てればいいのか分からない。
きっと長男は感性がいいのだろう。
レールにのることに反発した。
そして、いろいろなサインを出した。
傍目には問題行動とも取れる言動だった。

しかし、それは「ママが間違っているよ。見失っているよ」というサインだったと思う。
自分がどう生きたい、どうあるのが一番自分らしい生き方なのかということを考えないで生きてきた。
そんな自分では子供と向き合えなかった。
子供をどう育てればいいのか、どうあるのがこの子が一番幸せに生きていけるのか…。
それが分からなかった。
自分のことさえ分かっていなかったのだから。

自分自身が自分らしく幸せに生きていなければ子供を育てられないと気がついた。
そして、レールに乗るのではなく自分の足で歩き始めなければと思った。
引かれたレールの上にあった結婚は、自分の足で掴んだものではなかった。
だから、すべてを原点に戻してもう一度、生きなおさないといけないと思った。

そして、離婚した。

物心がつく前に両親にレール乗せられた。
それからずっと降りるきっかけをもてずに、いる人がたくさんいる。
気が付かなくて楽だと思っている人。
何かが違うと思っている人。

でも、どこかで感じていると思う。
地に足が着いていない不安…。

そして、レールが脱線したり、アクシデントで振り落とされてしまったりして始めて気付く。
自分の足で歩いていなかったことを。
落ちてしまったことを嘆いたり、うらんでもどうしようもない。
仕方がなく歩き出す。
疲れたり怪我をしたりしながらも、歩くしかない。
そして振り返った時、そこには自分の道ができている。
レールに乗っていては得られない、自分の足で自分らしく生きてきた人生の道。

それが、自分が納得できる生き方ではないかと思う。

つながる会のお知らせ

今の自分は自分らしくない。
このままでは納得できない。
満足していない。
今の状況から抜け出したい。
と感じている人はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな解決のヒントは、同じ思いの人達との会話の中で見つかると思います。
気軽に参加してみませんか?

お問い合わせ

スポンサーサイト

孤独にならないために

どうして人って孤立してしまうのだろう。

昨日、後輩の女性と話しをしていて思った。

彼女の言動が周りに迷惑をかけている。
感情を抑えきれないのだろう。
言わなければいけないなと思って話をした。
でも、本人は気が付いていない。
そういうことは多々ある。
人に言われないと気が付かない。
けれどもよっぽどのことがない限り、人は言ってくれない。
素直に聞いてくれればいいけれど、反発されるのはわかっているから。

言わないけれど、距離を作る。
相手もそれを感じて距離を作る。
そしてだんだん孤立してしまう。

人は自分で孤独を作っていくように感じる。
どうしてだろう?

それは心を開くと言うことを幼い頃からしてこなかったからではないだろうか?
親に心を開けなくなった。
きっとそんな時期が誰にもあったのではないかと思う。
そして言っても分かってくれない。
と、心を閉ざす。
会話をしないから相手が何を考えているのか分からない。
相手が怖い…。
そうなっていくのではないかと思う。

後輩の女性は「相手が怖いからなるべく出さないようにしている。けれど自分の感情が出てしまう」と言った。

それは違うのではないかな?
相手が怖いから感情を出さずに押さえ込むというのはとても辛いのではないかと思う。
それよりも、自分を大事にして欲しい。

自分を大事にできれば相手とうまくいくように考えるのではないだろうか?
そうすれば感情をぶつけることもなくなるのではないだろうか。

そんなことを考えさせてもらった彼女との話だった。



自分を大切にするということ

「自分を大切にする」ってよく言われる言葉だけど、それは、一歩間違えれば利己主義になる。
自分が一番、自分さえ良ければ…と考える人もいるだろう。
でも、それはけっして自分を大切にしているということにならない。

自分を大切にしたいのなら、人から大切にされる自分になることだと思う。
人から大切にされたいのなら、人を大切にすることだと思う。

自分を大切にできない人は、人を大切にできない。
この単純な道理をつかむのに、私はとても時間がかかった。

今まで自分のことをないがしろにしてきたと思う。
それは、自分を大切にしないことで、仕返しをしていたのだと思う。

親に、周りに、社会に…。
けっして個人的にだれかを恨んでいるわけでもないけれど、自分の中に幼い頃に芽生えた被害者意識というものが、自分の思考や行動を作ってきたと思う。
それはけっして人を幸せにはしない思考であり行動だと分かっていても、パターン化されてしまっていたと思う。

人を幸せにしない「被害者意識」というシステム。
気付かないうちに、このシステムにはまり込んでいる人がたくさんいると思う。

気付かない間に、親に教師に、周りの人に「自分らしい」というものをつぶされ、自分とは関係のないものをおしつけられて、納得できない生き方をしている。
それは、親のせい、夫のせい、妻のせい、上司のせい、周りの人のせい、社会のせい…。
人のせいにしている限り、決して自分は幸せになれない。
幸せになれないことで仕返しをしているのだから。

「被害者意識が抜けない、人のせいにしてしまう、そんな自分を変えたい」
と悩んでいるのでしたら、本当に自分を大切に、幸せになりたいと求めることだと思います。

今月の「つながる会」のお知らせ
本当に自分を大切にする、そんなテーマでもお話がしたいなと思います。

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

10月・11月「つながる会」のお知らせ

10月・11月「つながる会」のお知らせ

日程/ 10月30日(火) 18:00~20:00
会場 / 東京都新宿区西新宿6丁目15-1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿 会議室

日程/ 11月27日(火) 18:00~20:00
会場 / 東京都新宿区西新宿6丁目15-1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿 会議室

日程/ 11月11日(日) 13:00~15:00
会場/山梨県富士河口湖町 中央公民館

問い合わせ・申し込み


つながる会についてはこちらをご覧下さい。

★「つながる会」始めようと思います

★「つながる会」始めました

自分は何をすべきなのか?

子供とも離れ、独身で生きてきたから、自分のことだけを考えて生きてきたように思う。

自分が何をしたいのか?自分が納得できる生き方って何か?
ずっとそれを追い求めてきた。
でも、それではがんばれないなと感じる自分がいる。

最近、自分が何をしたいのか?というより、自分が何をすべきなのか?に変わってきたと、感じる。
役目というと大げさだけど、自分がこれをやるべきだと思えることをやることが、自分がしたいことになるのではないかと思うようになった。

いろいろな人のブログを読んだりしていると、本当に皆何かを成し遂げたい、納得していきたい、幸せにいきたいって思っているんだなあと思う。
私もそう思う。
そして、どうすればそれが見つかるのかも、20年かかって分かってきた。
一人では見つからない。
人と関わる中でしか見つからない。
だから、同じように求めている人達と関わる場が必要なのだ。


変われない

今日はとても落ち込んでいる。
いくつになっても抜け出せない自分の悪いところ…。
若い頃は何とかしようと、もがいてみたりしたけれど、年齢と共に見たくないとふたをしてしまっている。
でも、追い詰められたりした時にふたが開いて飛び出してくる。

それは、自分に都合よく人と関わっているということ。
てんびん座だからというわけではないけれど、いつも2つの気持ちを持っているように思う。

相手のためにという気持ちと自分がよければという気持ち…。
前向きにがんばろうという気持ちと諦めの気持ち…。
素直に人を受け入れようという気持ちと相手のことを否定したくなる気持ち…。
冷静に物事を見ようという気持ちと感情を爆発させたくなる気持ち…。
どちらの気持ちもうそではない。そして相手に合わせて自然に自分の都合のいいところが出ている。
いつも自分の本当の気持ちが分からない。

こんな自分が本当に嫌なんですって、伊東先生に言うと
「そういう人は、自信がない、何かあると逃げ出すという人だと思うけれどそれでは人は関われないよね。
信頼もできないし、孤独になってしまうよ。
それが君がいいと思っているのならそれでいいし、やめたければやめればいいじゃない。
人はやめようと思えば簡単にやめられるよ。」
といわれてしまった。
というより前からそんなことは言われ続けているが、学習能力がないのか、変わらない。
本当にやめたいと思っていないということかもしれない。

こうしたほうが幸せに生きられるし、豊かに生きていけるって頭では分かっていても行動に移せないのはどうしてだろう。
こういうのを損な生き方というのだろうな。

プロフィール

くりか8

Author:くりか8
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。